不動産業の給料相場は初任給だけではなく、歩合や昇給、賞与などを総合的に判断して検討する事が必要です。

給料相場

就職をする時は、給料が気になるのは当然の事です。
就職先は給料が高すぎても、サービス残業が多かったりブラック気質の企業のリスクもあります。
まずは相場を理解して、相場と同等かそれ以上の求人を選ぶようにしましょう。

 

ここでは、リクナビに掲載されている、関東の不動産会社の給料相場について解説します。

 

 

初任給の相場は21万円~23万円ほど

不動産会社は初任給の相場はどこも似たような内容になっています。
不動産業は、社員が利益を発生させるまで時間がかかる事もあり、初任給ではなく歩合や昇給で利益還元しています。会社によっては、基本給や学歴に応じた初任給設定の違いはありますが、初任給が高ければ高待遇の企業とは言い切れません。

 

 

宅建手当は大手も中小企業も同じ待遇

不動産業界では宅地建物取引士の資格を持っていると優遇されます。
「宅建」の略称で定着していて、販売、仲介、賃貸などの不動産取引において、重要事項の説明ができる国家資格です。宅建を持っていると、資格手当が支給されます。

宅地建物取引士の資格は持っていたほうがお得

 

相場は2万円で、大企業からフィードのような人気のベンチャー企業まで一律で宅建手当は2万円で設定されていることが多いです。
資格を持っているだけで年収24万円の手当になり、不動産業界で働いている間は優遇される資格なので、まだ持っていない方は資格取得を目指しましょう。

 

 

ボーナスは安定か一攫千金か

不動産業の給料を見るときは、賞与が大切です。
月収だけ高くても、ボーナスがなければ年収換算で低くなってしまう事があります。
リクナビの求人情報では賞与は年2回が相場ですが、賞与の支払い基準は2種類があります。

 

  • 基本給に応じて定額支給
  • 歩合のボーナスプールの支給

 

基本給に応じての定額支給は年4ヶ月分~4.5ヶ月分の支給が相場です。
大手企業や事務所などは、定額支給を用意している所が多いです。

 

フィードなどの営業職の場合は、賞与はあっても歩合制を導入している事が多いです。
俗にボーナスプールと呼ばれ、半期の月々の売上に応じてボーナス支給額が変わってきます。
歩合の支払い基準は会社によって変わってきます。
歩合の割が良い所はボーナス支給が少ないかわりに、毎月ボーナス月のような給料をもらえる事もあります。