賃貸と販売の良い所、悪い所-バリバリ働きたいなら販売をオススメする理由

不動産賃貸or販売

不動産業は大きく分けて賃貸販売に分かれています。

 

株式会社フィードなどは、不動産販売に分類されていますが、顧客が将来的には購入したコンパクトマンションを賃貸に出す事もあるので、販売と賃貸の両方を学ぶ事ができます。
フィード代表の中村建治氏は、それまで売ったらそれで終わりだった不動産販売の形を見直して、現在では不動産に限らず顧客と強い信頼関係を築いて、様々なサービスで顧客の役に立とうと考えているようです。

 

 

販売と賃貸の違い

不動産業界では販売を一発型賃貸をコツコツ型と表現される事があります。

 

  • 不動産販売には、直売や仲介などの形がありますが1件成約するだけで数百万円~数千万円の利益が出る事があります。
  • それに対して賃貸は1件の成約で発生する利益は少ないですが、扱える賃貸物件が増えていけば業績も右肩上がりで良くなっていく傾向があります。

 

顧客心理を見ても販売は人生最大の買い物だと思い慎重に考えますが、賃貸であれば失敗しても、一定期間住んでから引越しを検討する事ができるので、勢いや営業の口車に乗せられて即決してしまう方も珍しくありません。

 

こうした業界事情もあり、不動産業界で働く場合は賃貸よりも販売の方が大変な仕事です。

 

しかし、販売の仕事で得られる経験は多く、仕事のやりがいも大きいです。
フィードのような、社長との距離が近い会社で勤めると、より得られるものが大きくなります。

 

 

賃貸は雑務が多い

不動産業は賃貸の方が楽というイメージを持っている方もいますが、経験者の体験談や、2chなどのネット掲示板の情報を見るとそうではないようです。
賃貸は仕事も細かいし、クレーム処理、案内、退去処理、リフォーム、大家さんへの挨拶周りなどやる事が非常に多く、その割には給料水準も低いです。

 

賃貸業は若手が多いのに対して、販売業は若手から中年の方まで幅広い世代の方が活躍しています。体力的な事を考えれば賃貸は若い方に向いている仕事ですが、一生の仕事にする事を考えると大変な面も多いようです。