ネット求人最大手媒体リクナビから不動産業界へ就職を考えているへ良い企業を探すコツをまとめました。

新卒や中卒に限らず、ネット求人で人気が高いのがリクナビです。

当サイトではリクナビで不動産業界へ就職希望の方へ!

 

株式会社フィード、ヒューリック株式会社など

評判が良い会社紹介と見極めるコツを教えています。

 

 

 

 

リクナビで不動産業界の会社を探すコツ


不動産業界には様々な業種があります。
2chなどを見ると、大手上場企業であっても、毎日GPS付き携帯で営業スタッフの行動を開始して、仕事を取れるまで飛び込み営業を続けないといけないような会社もあるようです。
不動産業界の会社を探す時は、まずは不動産業の中でも事業形態で絞り込むようにしましょう。

 

不動産会社には、主に「販売」と「賃貸」があります。
賃貸の場合は、業務内容はどの会社でも共通していますが、販売の中でも会社によって様々な形態があります。

 

不動産業の様々な形態

一例を紹介すると次のような物があります。

  • 新築戸建てに強い仲介会社
  • 注文住宅に強いハウスメーカーや直営店
  • 中古戸建てに強い仲介会社
  • マンションを得意にしている販売、仲介業
  • 地主向けにアパート建設を提案する会社
  • ビルや商業施設などを手がけるゼネコン

 

それぞれの業界で、業務内容や仕事に求められる要素が変わってきます。
まずは不動産業界でどのような仕事をしたいのか、自分の考えをまとめておくようにしましょう。

 

 

会社規模はあまり関係ない

会社の規模イメージ

不動産業界の中でも全国展開をして株式公開をしている上場企業から、立ち上げて間もないベンチャー企業まで様々な規模の会社があります。
不動産業界は大手であれば必ずしも良いという訳ではありません。
上場企業であればヒューリック株式会社がいいでしょう。
今後の成長性が期待できる中小企業であれば株式会社フィードがおすすめです。株式会社フィードの不動産業界での2ch情報などを参考にするといいでしょう。

 

このようにおすすめできる不動産会社の規模はそれぞれ違いますが、安定性や将来性など、それぞれの会社のメリットを理解して検討するようにしましょう。

 

営業職でバリバリ働きたいなら、昇給が多い会社がオススメ

昇給イメージ画像

不動産業界の営業職は結果を出せば歩合給が付いて高収入を手に入れられます。しかし、不動産の仕事は水物の要素もあり、常に営業成績が安定するとは限りません。
そこで、随時評価を見直して基本給を昇給してくれる会社を選ぶようにしましょう。
一般的な企業であれば、昇給は年1回ですが、急成長中の不動産会社では昇給を年に複数回行っている事もあります。
人気企業の株式会社フィードの場合は、代表の中村建治氏の意向で昇給を年4回用意しています。
当然、成績が上がらなければ昇給月の度に給料が上がる訳ではないですが、頻繁に昇給を行い基本給が高くなっていく会社を選ぶ事とよいでしょう

 

求人が凝っている会社は儲かっている

求人を出す会社は儲かっている

リクナビは求人サイトの大手で利用している求職者も業界最大級です。
反響が大きい為、リクナビの掲載料は高く、写真や画像などで大きなスペースを取って綺麗な企業紹介画面を作成するには、数十万円~数百万円の予算が必要と言われています。
リクナビで大きな求人を掲載している企業は、それだけ採用活動に予算をかける事ができる儲かっている会社だと判断できます。

 

代表挨拶や会社説明会情報をチェックする

代表と社員のの画像

不動産業界は小売業などと違って、商品力だけで契約を取る事は難しいです。営業指導やマーケティング戦略、扱う物件のセンスなどによって、業績が変わってきます。
その為、経営者の思惑や考え、方針などが非常に重要なポイントになります。リクナビで求人を探す時は代表挨拶や、代表参加による会社説明会などの情報もチェックしておきましょう。

 

特に社長が直接壇上にあがる説明会では、2chや口コミサイトなどのネット上では伝わらない会社の魅力を感じる事ができます。

 

先輩社員が選んだ理由をチェックする

先輩社員へのインタビュー

リクナビでは、先輩社員がその会社を選んだ理由のインタビューを紹介している事があります。仕事のやりがいや、職場の雰囲気、大変な事などは求人選びの中でとても役に立つ情報です。
こうし先輩社員が選んだ理由や、会社紹介などの情報が充実している求人を選ぶと良いでしょう。